フライパンの寿命ってどれくらい?

フライパンの寿命ってどれくらい?

フライパンの寿命ってどれくらい?

 

日々の料理で必ずと言ってよいほど使用するフライパン。
複数持っている人も多いと思いますが、フライパンの寿命ってどれくらいなのか気になる人も多いと思います。
フライパンと言ってもテフロン加工、鉄製、セラミックなどそれぞれ寿命が違います。
今回はフライパンの寿命についてまとめてみたいと思います。

 

一般的なフライパンの寿命って?

一般的なフライパンの寿命って?

 

テフロン加工、鉄製などフライパンによってコーティングや材質が違うので一概には言えませんが、期間で言えば1年〜3年くらいがフライパンの寿命と言われています。

 

寿命と言ってもフライパンが壊れて使うことが出来なくなるわけではなく、
油のりが悪くなったり、コーティングが剥がれたりして、料理がフライパンにくっつくようになっていきます。

 

人によって料理がくっつく度合いがどれくらいでフライパンの寿命と判断するのか、フライパンをどれくらい使用しているのかなど個人差があると思いますが、個人的には、テフロン加工やフッ素樹脂などのコーティング系のフライパンを使用している場合は1年おきくらいに買い換えるのがフライパンの良さを最大限に発揮することが出来ると思います。

 

鉄製フライパンは10年は持つ!

鉄製フライパンは10年は持つ

 

値段にもよりますが、鉄製のフライパンであればコーティングが剥がれるということがないので10年は持つと言われています。

 

鉄製のフライパンは重量が他のフライパンに比べても重いというデメリットがありますが、長持ちという点で見ればテフロン加工などよりも寿命が長いので、おすすめです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ